体験 買い物

アメリカンインテリアのコーディネート写真まとめ!テクニックも紹介!

2018/04/22

Pocket

アメリカンインテリアってかっこいいですよね!木材を使ったり、ヴィンテージ家具を使ったり、アメリカの雰囲気がたまりませんよね。

歴史は短いですが世界各国の影響を受け、たくさんの人が住んでいるアメリカにはさまざまなテイストがミックスされています。このようなアメリカンなインテリアの写真を集めてみました。アメリカンな部屋にするテクニックも紹介します!







アメリカンスタイルのインテリア写真

アメリカンヴィンテージ 紹介
引用:http://roomclip.jp/photo/gf3w

アメリカンスタイル インテリア
引用:http://roomclip.jp/photo/ZNWV

アメリカンスタイル インテリア
引用:http://roomclip.jp/photo/kUtk

アメリカンスタイル インテリア
引用:http://roomclip.jp/photo/tebv

アメリカンスタイル 部屋
引用:http://img.roomclip.jp/images/img_640/eef7c336d6922830fe3830eb030c585175315f0e.jpg

アメリカンスタイル 部屋
引用:http://roomclip.jp/photo/hvwY







アメリカンスタイル 部屋
引用:http://roomclip.jp/photo/gdDK

アメリカンスタイル 部屋
引用:http://roomclip.jp/photo/qyCq

アメリカンヴィンテージ 紹介
引用:http://roomclip.jp/photo/hGST

アメリカンヴィンテージ 紹介
引用:http://roomclip.jp/photo/FAHr

アメリカンヴィンテージ 紹介
引用:http://roomclip.jp/photo/kIyX

アメリカンヴィンテージ 紹介
引用:http://roomclip.jp/photo/k3bh

アメリカンヴィンテージ 紹介
引用:http://roomclip.jp/photo/tjvk

アメリカンヴィンテージ 紹介
引用:http://roomclip.jp/photo/eOkY

アメリカン インテリア 部屋
引用:http://roomclip.jp/photo/7KvF







アメリカンインテリアテクニック

テクニック1.木材を利用する

木材はアメリカンスタイルではよく使われます。木で出来た家具はカントリーやアメリカンな雰囲気を醸し出してくれます。

元はアンティークの家具だったとか、床材や屋根やアイロン台の脚だったというような古い木材を使うのもテクニックです。

木目が出ているものなど、木の質感を活かすのもよいですね。

テクニック2.アンティークを使う

アメリカンスタイルでは新品のぴかぴかの新品の家具やプラスチックなどの人工的な家具よりも木材のアンティーク家具がよく使われます。

アンティーク家具を使うと、時間を経たものがかもし出すぬくもりが出ます。

フリーマーケットやアンティーク家具屋さんで掘り出し物が見つかるかも!ぜひ探してみてくださいね。

テクニック3.壁に額を飾る

写真やフレームなどを壁に飾る「ウォールデコ」。

形も素材も違うフレームをランダムに配置したり、グリーンをあわせたり、バランスのとり方やほかのアイテムとの合わせ方で個性を見せることができます。

大きな文字や数字が書かれたポスターや写真を飾るだけで一気にアメリカンにすることができますよ!

テクニック4.素材にこだわる

古びた黒色の鉄や深い色味の革、明るい色の木、レンガ素材など素材にこだわるのがよいです。

家具は木材のものを使うのが多いです。

アメリカの家ではレンガ壁の家が多くあります。レンガを使うだけで一気にアメリカンな雰囲気にすることができます。







テクニック5.ラグを敷く

アメリカンスタイルではラグを敷いているインテリアが多いです。

キリムのような柄のものや原色を使ったカラフルラグをテーブルの下やソファの下に敷いたり、リビングに敷くことでラフで温かい印象になります。カントリーやネイティブ・アメリカンを彷彿とさせるような効果もありますね。

チェックやストライプ柄なんかもシンプルだけど、かわいらしさを演出することができます。クッションの色や柄にもこだわるとよいです。

テクニック6.リラックス感がある

アメリカンスタイルでは「リラックス感」が大事です。自然素材のものや明るく開放感のある部屋、気持ちよさそうに置かれたグリーン、カラフルな小物など自然体でリラックスして暮らせるのがポイントなのです。

ストイックになりすぎず色んなテイストをミックスしているのも大事です。適度なごちゃごちゃ感もクリエイティブで自由な印象を与えますし遊び心があります。

日本風のものやヨーロッパのアイテムをミックスすると独特な雰囲気にすることもできます。

テクニック7.好きなものを飾る

「自分らしさ」にこだわるのもアメリカンですね。趣味のものやお気に入りの品は自分らしさの味付けになります。さりげなく日常の空間に配置することで自分という個性をさらりとアピールできます。所ジョージさんのお部屋なんかを思い浮かべてもらうとわかりやすいと思います。

室内を清潔にという考えから、アメリカでも家では靴を脱ぐ人が増えているそうです。圧迫感のない低い家具も好まれています。

低い家具の上部を好きな絵や写真を飾ってゆとりの空間を作るのもおすすめです。棚に並べるものも自分の趣味によって並べるものを変えるのも楽しいですね!

テクニック8.グリーンを取り入れる

植物を取り入れるのもアメリカンスタイルの特徴。庭がないニューヨークなどの家では鉢植えでグリーンを取り入れることが多いです。

鉢植えの色やサイズにこだわったり、植物の種類も多彩なものにするなどインテリアの印象を大きく変えられます。

自然体で過ごせる、リラックス感を大事にするのがアメリカンなスタイルなので、気持ちを落ち着かせるグリーンがぴったりです。

-体験, 買い物