WEBサイト WEBディレクション

自社サイトのWEB担当者に必要なスキルは?

2017/06/07

Pocket

ネット環境が整い、スマートフォンが普及したことによって、あらゆる人がインターネットに触れることができる時代になりました。

多くの企業がビジネスにホームページを活用しています。しかし、ホームページやインターネットをうまく使って売上を上げている会社はまだまだ少ないように思います。

原因として、ホームページを使った売上の上げ方がわかっていないことと、その人材がいないということが言えると思います。

ではそういった人材、WEB担当者や自社のWEBディレクターになるにはどうすればいいのでしょうか?現在WEB担当者かつ自社WEBディレクターである私だからこそわかる、WEBディレクターに必要なスキルや自社WEBディレクターのなり方を紹介します!

WEB担当者 ディレクター







WEB担当者・自社ディレクターの仕事内容とは?

企業がWEB担当者やディレクターを採用したときに、その人たちはどのようなことをしなければいけないのでしょうか?

以下にWEB担当者やディレクターが行うべき仕事内容を書いてみます。

ホームページの更新・修正

ホームページ更新
WEB担当者・WEBディレクターのまずしなければいけないことは、ホームページの修正業務です。

企業やお店のホームページは日々更新作業が出てくることだと思います。そのような日々の更新にもHTMLやCSSの知識がないと、ホームページ上で変更した場合にホームページの形が崩れたりすることがあります。

ですので、細かな作業といってもWEBの知識がなければなりません。また、デザインの変更や機能の追加もスキルがないと行なうことは危険です。このような更新や修正業務はWEB担当者の仕事になります。

新規サイトの制作

新しいサービスを行なう場合や現在のビジネスに関連する別のホームページを作る場合、新しくホームページを作る必要があります。その際に、ホームページの構成を考えたり、企画書を作ったり、ひいては自分でホームページの制作ができることまでが求められます。

資金的な余裕があれば、制作の部分は外注でもよいかもしれませんが、構成を考えるなどの制作のディレクションや集客を考える部分はWEB担当者・WEBディレクターが行なうべきです。

また、キャンペーンなどで使われる縦長のランディングページというものの制作もWEB担当者・ディレクターの仕事です。

SEO対策

SEO
ホームページで売上を作るために、SEO(検索エンジン最適化)の知識は必須です。なぜかというと、検索順位を上げなければホームページに集客ができないからです。

WEB担当者・ディレクターはホームページを改善していくことで検索順位を上げるという意識を持たなくてはなりません。

リスティング広告の運用

WEB集客
リスティング広告とは検索結果の上の部分に出る広告です。

この広告を出している企業の場合、日々の運用・改善が必要です。あるキーワードで成果が出ていないから掲載を止めることや広告文を変更して効果を見るなどの作業です。

広告管理ツールはかなり複雑になっていますので、しっかりと成果を出すにはその知識も必要です。この業務もWEB担当者・ディレクターの仕事になります。

SNSの運用

SNS 集客
SNSが普及し、企業もSNSマーケティングを行なうところが増えました。運用を行っている企業では、更新する作業が発生します。

しかし、Faceboookのいいねが100程度でうまくマーケティングできていない企業をよく見ます。というのも、ユーザーはSNSを使ってプライベートで楽しむことを目的にしているので、そこで利益を得ようとすると相互の目的が合致せずにうまくいかないということが起こっているのです。

ですので、SNSで利益をあげようとするとSNSマーケティングの知識やアイデアが必要なのです。このようにSNSで拡散できる体制をつくるのもWEB担当者・ディレクターには求められます。

WEBビジネスの提案

WEB担当者・ディレクターはインターネットビジネスは、社内でほかの部署の人間よりもの知識が豊富です。

現状のビジネスを上手くいかせるだけでなく、インターネットを使った新しいビジネスを提案することを求められる場合があります。

必須とはいえませんが、このような提案ができる人材は新しいビジネスを作ることができますので、提案ができる人材がいいですね。


上記すべてを行なうには制作スキル、SEO・リスティング広告の知識、SNSマーケティングの知識、マーケティングの知識など、幅広い知識やスキルが必要になります。

これを一人ですべて行なうことは、それ相応の経験や知識を得なければ難しいと思います。ですので、上記すべてではなく何点かを行える人材が望ましいですね。

WEB担当者・ディレクターの苦労

WEB 担当者
これは私が事業主の企業に入ってWEB担当者を行った時に感じたことなんですが、WEB業界ではない企業の場合、多くの苦労や弊害があります。

どういうことかといいますと、WEB業界の人間としては常識であることが他の部署の人間や社長と揉めることが多いのです。

例えば、ホームページは簡単に短納期で作れると考えているとか、コンテンツが少なくてもホームページを作ればお客がきて当然と考えているということなどです。

また、WEB担当者側も所属する会社の業界では当然という知識がないことから、効果的な提案ができないなどです。

ですのでヒアリングや説得などのコミュニケーション能力も求められます。

自社WEB担当者・ディレクターに必要な要素とは?

これまで書いてきたことから、事業主の会社に所属するWEB担当者・ディレクターに必要な要素、知識やスキルがわかります。

・ホームページ修正
→HMTL、CSS

・新規サイトの制作
→HTML、CSS、Wordpress、WEBサイトをイチから作った経験、スケジュール管理

・SEO対策
→SEOの知識、検索順位を上げた経験

・リスティング広告運用
→リスティング広告の経験、リスティング広告出稿の経験

・SNS運用
→SNSマーケティングの知識、SNSでバズらせた経験

・WEBビジネスの提案
→WEBマーケティングの知識、想像力、提案力

・事業主との折衝
→コミュニケーション力、説明力

このような豊富な能力が自社のWEBディレクターやWEB担当者には必要とされるのです。







WEB担当者・ディレクターが必要とされる時代?

このように、自社のWEB担当者・ディレクターを目指す場合に必要な知識やスキルはかなりハードルが高いです。

もしそのようなスキルを得たとしても給料は高くはないかもしれません。

ただ、今後はひとつの会社に1人のWEB担当者が必要とされる時代が来るかもしれません。

なぜかといいますと、ホームページを見るユーザーから得られる情報は多く、そのノウハウを社内で蓄積していければ大きな成果につなげることができる可能性が高いからです。

売上が上がった、もしくは下がった場合など、そのノウハウが蓄積されているとさらに売上を上げたり、下がっている理由を分析・修正することができます。

また、あらゆる修正などをフレキシブルにできますし、新しいホームページなどもどんどん作ることができます。WEB集客にブログの更新というのは重要であり、社内に担当者がいることでブログ記事をどんどん追加することができます。

さらに経営者の方や管理職の方なども、WEBの知識をつけることが求められる時代でもあります。そういった知識を社内で教えることも必要になってくると思います。

みなさんも社内でWEBディレクターやWEB担当者になるために自分を磨いてみてはいかがでしょうか?

最後に、私が読んで勉強になった書籍を紹介しておきます。参考にどうぞ!

 

当ブログの記事が参考になりましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。ついでにシェアしてもらえると、がぜん書く気がでます(^^)

-WEBサイト, WEBディレクション
-,