WEBサイト WEBディレクション

WEBディレクターってなに?基礎と将来の需要を解説!

Pocket

WEBディレクター 基礎
私は大学卒業から制作会社、事業会社でWEBディレクターという仕事をしてきました。でもWEBディレクターって聞き馴染みがないですよね。

簡単にいうとWEBディレクターとはWEBサイト制作のプロジェクトのなかで監督的な立ち回りをする仕事です。

近年しっかりとスキルがあり、プロジェクトを回せるWEBディレクターはかなり求められており、この仕事は今後価値も需要も高まる仕事だと思います。デキるWEBディレクターになれば転職にも困りませんしおすすめですよ!

ここでは「WEBディレクターってなに?」「WEBディレクターの仕事内容は?」というような基礎的なことを解説してみます。これからWEBディレクターを目指す人やWEBディレクターかWEBデザイナーで迷っている人なんかも参考にしてみてくださいね!







WEBディレクターってなに?

まずはWEBディレクターという仕事を説明してみます。

WEB制作には多くの人間が関わります。WEBデザイナー、コーダー、プログラマー、コピーライター、カメラマン、クライアントなどですね。この人たちが集まってプロジェクトの達成を目標に制作をします。ただ、この人達がそれぞれ好きなように作業をするとプロジェクトは混乱し、終わることはないでしょうしまともなものはできません。つまり混乱を避けるためにも、プロジェクトを仕切る人が必要なのですね。

このようにプロジェクトが混乱することがないように、円滑に進める仕切り役がWEBディレクターなのです。

そのためにもWEBディレクターは関わる多くの人をマネジメントして取りまとめていき、クライアントの目的を達成するために動かなくてはなりません。それぞれの部門に指示を出したり、進捗をコントロールしたり、クライアントとの意思疎通をしたりと、WEBサイトを作り上げるときの中心的役割を行なうのがWEBディレクターなのです。

WEBディレクターはなぜ必要になった?

WEBディレクター 基礎
なぜWEBディレクターは必要になったのでしょうか?

WEBの業界自体まだまだ歴史が浅いです。はじめは個人レベルの手探り状態のなかでサイトを作りはじめ、そこからインターネットの普及とともに企業がWEBサイトを構築するのが当然になり、WEBサイト制作の業界が成熟していきました。そんな業界なので、業務の分け方や仕事の進め方もある程度は定義づけられていますが、まだ明確な区切りがないこともあります。

WEBサイトは1人で作ることもできますし、WEBデザイナーというのは一般的にも知られているのでWEBデザイナーという職業の人はたくさんいます。ただ1人で作れるくらいのプロジェクトであればWEBディレクターは必要はないです。デザイナーがクライアントとお金のやり取りをしなければいけないというくらいでしょうか。

ですが企業がWEBサイトによって利益を得たいという考えになり、スピード感とボリュームを求められる時代になりました。これくらいの規模になると1人で構築するのは難しくなりますので、どうしても複数人が関わることになります。これを責任を持って回す現場監督=WEBディレクターが必要になったのです。

そしてWEBサイト制作の場合には思考回路の違う人たちが集まって制作します。プログラマーは論理的な思考ですし、デザイナーは感覚的な思考をし、それぞれの発想は全然ちがうものになります。WEBディレクターはこういった意見や提案を取りまとめて、最善の方法をクライアントに提案し課題を解決しなければいけません。

またWEBサイトというのは成果を出さなくてはいけません。WEBサイトの目的は集客であったり、いい人材の採用であったり、商品の販売だったりします。そのような目的を達成するには戦略が必要であり、その戦略を立てるのがWEBディレクターの役割でもあります。どのように集客するのか、検索順位を上げるためにどうするのか、プロモーションはどのようにするのか、などなど目的達成のための手段も考えなくてはいけないのです。そのためには多くの知識が必要ですし、制作とは別のことなので制作陣が考えるわけにもいかないので、WEBディレクターが行なわなければいけないのです。

このような理由からWEBディレクターが必要になったのです。

WEBディレクターの仕事内容は?

WEBディレクター 基礎
WEBディレクターの仕事内容は、会社によって様々だと思いますが広いです。クライアントワークから戦略、基本設計、制作進行管理、進捗管理、予算管理、見積もり作成、修正作業、請求書発行など、色んな業務があります。

WEBサイト制作において、WEBデザイナー、コーダー、プログラマーなどの専門の人が行っている業務「以外のすべて」がWEBディレクターの業務といえますが、思いつく限りのWEBディレクターの業務を下記に挙げてみます。

1.現状把握

・クライアントへのヒアリング
・アンケート実施
・競合サイト分析
・アクセスログ分析
・キーワード調査

2.戦略作成

・サイト戦略の作成
・提案依頼書作成
・提案書作成
・キーワード調査
・企画書作成

3.サイト設計

・サイト構成書作成
・ワイヤーフレーム作成
・ナビゲーション設計
・コンテンツリスト作成
・HTML仕様書作成
・原稿、画像作成
・デザイン仕様書作成

4.サイト制作・テスト

・制作陣とのコミュニケーション
・進捗管理
・予算管理
・テスト仕様書作成

などなど、色んな業務があります。正直かなりの作業量が必要ですし、WEBディレクターは忙しいことは間違いないですね。







WEBディレクターの将来の需要は?

現在業界的にはWEBディレクターが足りていない状態です。WEB系の人材紹介サイトにはWEBディレクターの募集がひっきりなしに出ています。WEB制作会社だけでなく、普通の事業会社もWEBディレクターを求めている会社も多いです。

前職の制作会社にいたのときにWEBディレクターを募集することになったのですが、人材紹介の会社の担当者に言われたのが「ちゃんとしたWEBディレクターを雇いたかったら月に50万円は準備してください」ということです。このようにWEBディレクターは需要が高まってる分、給与も高くなっています。

さらにWEBディレクターの需要は今後増えることが予想されます。まず、サイトを通した情報発信や企業PRはどんな業種でも年々重視する傾向にあり、自社のサイトを持つところが増えています。さらにリニューアルをする会社も増えていますし、スマートフォンが普及したことでスマートフォン用のサイトを作らないといけませんし、アプリを作る会社も増えました。これによって制作会社への案件はどんどん増えています。この流れは今後も加速するでしょう。

さらにWEBサイトを上手く活用するために自社内にWEBディレクターを雇う会社も増えてきました。自社のなかにWEBディレクターを置くことで、WEB制作会社に頼むことが自社で解決できますし、スピード感を持って企画を運用することができます。さらに自社でマーケティングを考えたり、データを蓄積できるというメリットがあります。

WEBディレクターの仕事はなくなるかという不安があるかもしれませんが、そんな心配は無用です。インターネットというのはなくなることはありませんし、WEBサイトはなくなることはありません。たとえ新しい技術が出たとしても、成果を出せるモノを作る考え方や方法というのはWEBサイトを応用できます。

このようにWEBディレクターという仕事は需要が高く、今後もその需要は高まるということがわかっていただけたかと思います。

もしWEBディレクターになろうか迷っている人がいたら、WEBディレクターの将来に不安にならずに飛び込んでみてください!とても楽しい経験ができると思いますよ!

 

当ブログの記事が参考になりましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。ついでにシェアしてもらえると、がぜん書く気がでます(^^)

-WEBサイト, WEBディレクション
-, ,