WEBサイト WEBディレクション ビジネス 経営

会社ホームページは自作できるのか?

2017/03/19

Pocket

自社のホームページはどうしてる?

ホームページ自作
あなたの会社のホームページはありますか?あるのでしたらどのように作りましたか?

ホームページ制作会社に作ってもらいましたか?それともJimdoなどの無料の作成システムなどを使いましたでしょうか?また、無料ブログをホームページ代わりにしてますか?多くの方は制作会社やフリーの人に依頼したのではないかと思います。

資金に余裕がなく、まだホームページを作っていないという方がいらっしゃいましたら、今回ご紹介する自作をおすすめします。







自社のホームページは自作できる?

WEB集客 自分で作る
現代では、便利なツールがたくさん出ていて、少しの知識でホームページを簡単に作ることができるようになっています。例えばWordpressやMovableTypeというようなものを使えば簡単に制作することができるのです。

また、ホームページというものは自作したほうが成果がでやすいという面もあります。というのも、制作会社に依頼した場合、多くの制作会社は成果を上げるためにホームページを作るとは限りません。1サイトいくらで制作することを請け負っていると考えている企業もあるからです。そのような制作会社に依頼した場合、よほど事業主側が主体的に取り組まないと成果はでません。しっかりと成果まで考える会社もありますが、その分料金は高くなる傾向にあります。

つまり、低予算で成果を出せるホームページを作るには、自作が効果的なのです。ただし、自分で作れば効果が出るわけではなく、事業主側でも相応の学習が必須です。

ホームページを自作するメリット

ホームページ自分で作る メリット
ホームページを自作するメリットは成果を出しやすいということだと申しましたが、その他にもメリットは多くあります。以下ではその他のメリットをご紹介します。

1.低コストで作ることができる

ホームページ制作会社に依頼するとかなり小規模なサイトでも最低でも20万円~30万円くらいはかかると思います。格安の制作会社もありますが、それでは確実に成果はでないのでやめておいたほうがよいです。

自作の場合だとどれくらいかかるかかといいますと、サーバーとドメインの料金のみです。安く抑えれば年間5000円位で制作することができます。

しかも、Wordpressというソフトを使えばはじめからホームページの形になっているものを無料で使うことができます。ですので、全部でかかる費用はサーバー代とドメイン料金のみなのです。制作会社に依頼した場合と比べるとかなり抑えることができます。

2.修正が簡単

さらにこのWordpressというものを利用すると、簡単にページを作れるような仕組みになってますので、新しいページを追加したり既存のページを修正するのも簡単です。操作画面は専門的なプログラムを打つ必要もなく、OfficeのWordのように文字だけを打てば出来上がります。

料金の変更や休業日のお知らせなどの細かい修正も、制作会社に頼まなくても自分たちでできるのです。更新費用として制作会社に支払っていた分が抑えられるのはかなりメリットがあるのではないでしょうか?

3.ブログを作ることができる

会社のブログでamebloやlivedoorを利用している方も多いと思います。しかし、これは本当にやめたほうがいいです。というのも、Googleはそのホームページが「ユーザーの求めている情報をどれだけの量持っているか」ということをホームページの価値の基準にしているからです。

ということはamebloやlivedoorに書いているのだからそちらの資産になり、amebloやlivedoorの評価が上がっているのです。ですので、ブログなどでコンテンツを増やすときには必ず自分のホームページ内のブログに書いたほうがよいです。

WordPressを使うと自社のホームページ内に簡単にブログを作ることができるのです。

4.試行錯誤ができる

自社でホームページを作ることで、文言を変えたり写真を変えたりすることが自由にできるようになります。そのため、「この文言にしてはどうだろう?」「この説明を載せたらどうだろう?」というような細かな試行錯誤も自由にできるようになります。

ホームページというのは、本当に不思議なもので写真ひとつで集客が変わったりします。私がお客様のホームページを作った時も、担当者の写真を私が撮ったあまり綺麗ではない写真からプロに撮ってもらった綺麗な写真に変更した途端に集客が落ちたことがありました。通常であればプロが撮った写真のほうがいいはずなのですが、そうではなかったのです。ある程度の素人くささ、素朴さ、も必要だということがこの経験からわかりました。

このように自由に細かな部分の変更を試行錯誤できるのも自作するメリットです。

5.スキルアップができる

ホームページを自分で作ることによって、あらゆる知識が身につきます。わからないところがあれば自分で調べなくてはならないですし、インターネットの仕組みなどもわかるようになってきます。これらの知識は制作会社に丸投げしている状態では、絶対に身につかない知識です。

また、これらの知識があれば今後WEBを使ったプロモーションを行なう時や、広告代理店に依頼をするときなどに有利になることは間違いありません。

さらに、SEOのこともわかることも大きなメリットです。ホームページから集客を考えるときに、SEOなどの知識は必須ですのでそれも勉強することになると思います。そのSEOの知識を自分のホームページで試すという絶好の環境ができるのです。そして、文言を変更する、などの細かな修正を試していくことにより集客できる可能性が増えるのです。







ホームページを自作するデメリット

ここまではホームページを自作するメリットを考えてきました。しかし、当然メリットばかりではなく、デメリットもあります。そのデメリットを紹介していきます。

1.手間がかかる

ホームページを自作するというのは、慣れていない人にとっては、かなり手間のかかる作業かもしれません。ホームページの文言を考える、ブログに記事を書く、写真を撮影する、ホームページを設置する、など多くの作業が必要です。しかし、慣れてくるとすぐにできるようになりますので、折れずに続けることを心がけていただきたいです。

別の見方をすれば、その自分で作る時間を制作会社に支払っている、という考え方もできると思います。時間があまりないという方は制作会社に依頼するのがよいと思います。

2.学習が必要

ホームページを自作するというのは、自分でインターネットのこと、サーバーやドメインの取得方法、ワードプレスの設置方法などを勉強しなくてはなりません。インターネットに馴染みのない人だと、専門用語だらけで嫌になるかもしれません。でも、わかりやすく書いている本やホームページがありますし、ちょっとずつでも勉強していくとわかるようになりますので、学習を続けていただきたいです。

このような学習する必要があるのもデメリットの1つです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?このように自社ホームページを自作すればデメリットもありますが、メリットがかなり大きいこともおわかりいただけたかと思います。私の知り合いでも自社で作って運用も自社で行っている会社はかなり集客もできています。やはり社員の方も自分たちが集客をしなくてはいけない、という責任感を持つことで売上につながるのだと思います。

もちろん予算があって、成果までコミットしてくれる制作会社にホームページを作ってもらうことがベストですが、予算がない場合には自分で作るのがよいと思います。

長くなりましたので、自作する方法に関してはまた別の記事で紹介をさせていただきます。

 

当ブログの記事が参考になりましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。ついでにシェアしてもらえると、がぜん書く気がでます(^^)

-WEBサイト, WEBディレクション, ビジネス, 経営