Amazon Kindle 買い物

Kindle Newモデルのメリットをスペックや重さから解説!

2017/04/18

Pocket

Kindle 購入

Kindle Newモデルを買いました!

先日、2016年発売のKindle Newモデルを購入しました!

これまでKindleなどの電子書籍リーダーを使ったことはなかったのですがその使い心地に感動!

やばい!なにこれ!

読みやすい!目が疲れない!文庫本を読んでるみたい!

ほんとこれすごいです!

私は元々、本が大好きで書棚に入り切らない本が部屋に溢れています。そんな本好きなので、「本はやっぱりアナログじゃないと」「ページをめくる質感が大事」「本の匂いがいい」とか理屈をこねて電子書籍には手を出しませんでした^^;

そんな私なので、きっとKindleを買っても気に入らないんだろうな、と思っていました。

ですがある日、値段が4,980円とめちゃくちゃ安いので買ってみました。

いざKindle Newモデルが届くとびっくり!そんなへそ曲がりでも満足できるくらい素晴らしいものだったのです!時代はここまで進んでいたのか・・・。

ここからはKindle Newモデルの感動したポイントやメリット、スペックなどを紹介します。







Kindle Newモデルで感動したポイント

1.価格が安い!

Kindle Newモデルは、私が買ったときには定価が8,980円でした。ただし、年会費3,980円のプライム会員に登録しているとなんと定価から4,000円が割引になるのです!

私はAmazonのプライム会員でしたので、4,980円で購入することができました!4,980円で上のメリットが使えるって考えれば安くないですか?私は4,980円以上の価値を感じています。いい買い物した!w

Amazonプライム会員には多くの特典があります。『Amazon プライム会員のメリットがすごいのでそのメリットを徹底解説!』で詳しく書いていますので読んでみてくださいね!

個人的にはプライム会員にならないという選択肢はない!くらいに思っています(笑)。

2.文字の綺麗さ

文字きれい Kindle
これは活字本を読むときだけですが、文字がとにかくきれいです。文字が画面に印刷されているように見えて、まるで文庫本を読んでいるようです!

解像度は167ppiです。上位モデルだと300ppiらしいのですが、167ppiでもびっくりするくらい文字がくっきりしています。私は漫画を読まないのですが、漫画だと解像度がかなり影響するようです。活字を読むのであれば、167ppiで十分だと思います。

老眼の方は単行本だと文字を読むのに苦労していたと思います。Kindleであれば文字サイズを大きくできますし、文字がくっきりと見えるので老眼の方にもおすすめです!

3.小さくて軽い

Kindle 本
Kindle 片手
大きさは縦16cmx横11.5cmです。このサイズ感はどれくらいかというと、文庫本と同じくらいのサイズです(上の写真)。片手の手のひらで持てるし、手が疲れません!上着のポケットに入れられるので、持ち運びも楽々です!

文庫本と比較した表は以下です。

Kindle New 文庫本
160mm 148mm
115mm 105mm

重さはたったの161g!めっちゃ軽い!分厚い文庫本よりも軽いじゃん!

旅行先に単行本を持っていくのってかさばるし、面倒ですよね。それがこのデバイスには何百冊の本を入れられるので旅行にもおすすめです!

4.目が疲れない

Kindle Newモデルの画面はブルーライトゼロです!

PCや携帯、タブレットは画面がブルーライトを発光していて画面を見ていると目にダメージがあります。Kindle Newモデルは発光していないので、いくら読んでも目が疲れることがありません!

スマホやタブレットは明るい日差しの中では読みにくいですが、Kindleは日差しのなかでも本を読んでいるように読めます。

5.本を数千冊入れられる!

Kindle
Kindle Newモデルのデータ容量は4GB入れることができます。これはどれくらいかというと、単行本だと数千冊入れることができるくらいです。

実物の本をそれだけ買うと家が本だらけになりますが、このKindleのなかに入れるだけなので本に場所を取られることがありません。Kindleに自分の家の書棚ごと持ち歩いていることになるのです。

6.充電が長持ちする!

Amazon プライム キンドル
Amazonの公式サイトによると、「ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合、1回の充電で最長4週間利用可能。」ということです。1日1時間使ったとしても2週間使えます。これはとてもありがたいです!

長距離の移動のときに携帯だとすぐに充電が切れてしまうので、あまり使えなかったのですが、Kindleだったら充電を気にすることなく時間を使うことができますね!







Kindle Newモデルの注意点

1.ライトがない

kindleの電子書籍リーダーで内蔵ライトが付いていないのは、このkindle Newモデルだけです。

でも、そもそも私は本を暗い所では読まないので別にライトは必要ありません。

もし暗いところなら電気をつければよろしい(笑)。もし電気がなくても何かを読みたいというのでしたらスマホを見ればいいかなと。

ブルーライトなしで目に優しいというのをAmazonも売りにしているのだから、私はそれに従います。

2.ACアダプターがついていない

Kindle NewモデルにはPCとKindleをつなぐUSBケーブルはついていますが、直接コンセントとKindleをつなぐためのACアダプタがついていません。

スマホを使っている人ならACアダプタを日常的に利用していると思いますし、PCから充電することもできますので問題はないかと思います。それでも必要という方は購入しなければならないというのは注意点です。

3.上位モデルよりも解像度が低い

Kindle NewモデルはKindle oasisなどの上位モデルよりも解像度が低いです。上位モデルは300ppiですが、Kindle Newモデルは167ppiなのです。

まあこんな数値を出されてもどれくらい違うのかってわからないですよねw

Kindle New

これくらいです!

アップでみるとその差は大きいようにみえますが、普通に読む分にはなんの影響もありません。167ppiでも全く粗さを感じませんでしたよ!

Kindleオーナーライブラリーが使える!

Amazon プライム
対象タイトルの中から好きな本を1か月に1冊、無料で読むことができます!Kindlke端末を利用している人でなければ利用できないので、Kindleを買うと使えます!

ただオーナーライブラリーの対象タイトルは、漫画が多いのが残念ですが漫画好きな人にはおすすめです!

そのなかで興味があったのは以下です。(2016/11/20付)

・『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』スティーブン・R・コヴィー
・『夢をかなえるゾウ』水野敬也
・『毎日かあさん カニ母編』西原 理恵子
・『ランチェスター思考』福田 秀人

また、月額980円でもっと多くのタイトルを読み放題になるKindle Unlimitedというサービスもありますが、そちらもおすすめです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Kindle Newは価格も安いですし、その性能には驚くべきものがあります!ぜひ試してみてください!

アナログ版の本だと本屋さんに行かないといけないですが、その手間もなくなりますよ!早めにKindleにしておくことで本棚に本が溢れるのも回避できます。

Amazon プライムの料金はいずれ上がると言われていますし、早めにプライム会員になっておくことをおすすめします!

以上、私自身が感動したのでKindleを猛プッシュしてみました^^;

 

当ブログの記事が参考になりましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。ついでにシェアしてもらえると、がぜん書く気がでます(^^)

-Amazon, Kindle, 買い物
-,