キャリア ビジネス

レバテックフリーランスの評価。レバレジーズで面談した三十路男の体験談!

2017/04/03

Pocket

レバテック フリーランス

訳あって派遣か業務委託で働こうと考えて、色んな派遣会社・紹介会社に登録しました。そのなかの1つ、レバテックフリーランスの体験談を書いてみます!

レバテックフリーランスとは

レバテック フリー
転職サイトを探している時に見つけたのですが、レバテックフリーランスはレバレジーズという会社が運営しています。レバレジーズは新興ですがかなりクリエイティブ業界で成長してきている会社だそうです。

自社メディアの運営や医療業界、IT業界、クリエイターなど専門分野の人材紹介を多く扱っています。

1つの案件に対しての単価が高く、派遣スタッフに支払う時給も高めの設定になっているそうです。WEB系の仕事を中心に都内近郊だけでもどんどん新規案件が増えていて、登録者が追いついていないのが現実です。

在宅や業務委託の案件も多く抱えているようです。

この会社、かなり勢いがあって『ベンチャー通信』が選出する『Best Venture 100』に選ばれてもいます。社長さんも若く、36歳で、社員さんの平均年齢は28歳だそうです。若い!勢いがあるはずです。

それでは、レバレジーズに登録したときの様子を紹介しましょう!

面談のために会社へGo!

レバテック フリーランス
ネットで登録すると面談が必要になります。面談の予約をして会社へ。

なんとこの会社、渋谷のヒカリエのなかにあります。おっしゃれ~!w

渋谷駅に着くとヒカリエまで直通の通路があります。17階に会社があるということで、まずはエレベーターで11階へ。

11階はかなり広々としています。ここがオフィス階とショッピング階が分かれる階のようです。軽く飲めるお店なんかも入っていますね。またまたおしゃれ!

この階に受付があるので、美人な受付嬢さんから「お待ち合わせですか?」と聞かれ、氏名・訪問先・担当者名などを記入して、入館証をもらいます。あ、名刺がないと身分証明書を見せなければなりません。

駅の改札のようなものがあるのでそこに入館証をタッチします。そこからエレベーターに乗って17階へ。17階も広くて扉がいっぱい!入り口がわからず迷ってしまいました。

ウロウロしていたら、帰宅途中らしき美人なスタッフさんが「入り口ですか?」と聞いてくださり、案内してくださりました。なんて優しい!しかも美人って!なんていい会社だ!(単純)

無事入り口にたどり着き、内線で担当の方に連絡。・・・待つこと5分。ちなみに入り口にはペッパーくんがいました。また美人な方が出てきて「担当者が電話につかまってしまって遅れてしまいます」とのこと。待つこと5分。

おしゃれーな美人がいらっしゃいました。この方が担当者のようです。年齢は25、6歳ですかね?

っていうか待ってる間に通りかかる人を見ても、美人ばっかりです。レバレジーズ恐るべし。。







面談開始前の説明

レバテック フリーランス
扉に囲まれたような個室ではなく、ミーティングスペースのようなオープンなスペースのテーブルで面談開始です。

ただ、その時はちょうど新卒採用の説明会を隣のスペースで行っていて声が丸聞こえ。。けっこう大きな声なので集中ができませんでした。

うーん、個室がよかったなぁ。まあしょうがない。まず「派遣とか業務委託で登録しましたか?それとも正社員ですか?」と聞かれます。

ん?登録したときに書いてあるはずだけど。。この後の質問でもわかるのですが、ここの担当の方は事前に登録内容とか職務経歴書なんかは見ていないようです。他社だとちゃんと見ている方が多かったので残念。

ひと通り、レバレジーズの案件の特徴などを聞いて、個人情報保護の書類や業務委託の場合の書類などにサインをします。

業務委託と派遣社員

レバレジーズでは、業務委託でも派遣社員どちらも可能な案件が多いという説明がありました。担当の方的には「業務委託を選ばれる方も多いですよ」と業務委託を勧めているような口ぶりでしたね。

私はこの業務委託に誘導しようとするのが「怪しい・・・」と疑ってしまいました^^;

業務委託を勧める根拠としては、業務委託であれば派遣よりももらえる給与が増えるということ。これは派遣では保険などを会社が労使折半で負担したり、給与から引かれる場合が多いですが、業務委託では保険がないのでその分を考慮され手取りの金額が増えるのです。

また派遣では派遣会社の基準で単価を決定しているので、業務委託よりも単価が下がってしまうということです。

さらに副業をしている場合には確定申告を一度でまとめてすればいいので面倒が減るということでした。

これは確かにメリットかな。私の場合は副業をしているので、自分で確定申告をしています。なので、業務委託でもいいかなと思いましたね。

面談スタート!

その後に本格的に面談がスタートです!

こだわる要素や通勤にかかる時間、給与など具体的なことを聞かれます。ひと通り自分の希望を述べます。その後、これまでの経歴の説明をすることになります。

ここが大きく違う点だったのですが、他社だと担当者が経歴書を読んでいるので、経歴書に書いていない意図や思いなども根掘り葉掘り聞かれるのですが、この会社の場合「経歴を順に説明してください」という感じで、こちらが経歴書に書いていることをイチから話さなければいけませんでした。

ですので、あくまで経歴書に書いていることの説明のような感じで、事実を完結に述べるのみになってしまったような印象があります。自分のやりたいことなんかをもっと説明すればよかった。。

もちろん、担当者の方のスキルが高く、思い的な情報がなくても良い提案をできるという可能性もあります。ですので、どちらがよいとは言えないかもしれませんが、私的には細かく聞く他社の方法のほうがよかったです。

ただ、WEBディレクターがポートフォリオを出すのは難しいですが、WEBディレクターでもこれまでに作成した企画書やワイヤー、スケジュール表などを出したほうがいい、っていうアドバイスは良い提案でした。他社ではそんな提案はなかったですし、実際にスキルを目に見える形で表現できるので採用の可能性が上がるような気がしました。

あとノートPCを開いて話を聞かれるので、勢い良く叩かれるタイピングの音もあり、若干話しずらかったですね^^;

提案

ここまでにヒアリングしてもらった情報から、候補の企業をPCで10個くらい出してくれました。自分の家から遠いのでNGなものもありましたが、けっこう大手の案件もあり、扱ってる案件は多いのかなという印象です。

大手の内情なんかも色々教えてもらえました。どういうことをやってるかという企業の情報にはかなり詳しい印象でした。これは担当者の方の努力のたまものですね!

担当者の方からは、同時に複数の案件を進めることを勧められましたよ。

最後に、驚いたのですが、名刺の裏にLINEのQRコードが書いていて疑問があったらLINEで気軽に連絡ください、とのこと。

距離を縮めるための方法なのですね。さすが急成長の企業はすごい!そこまでやるか、と^^;

レバレジーズのメリットとは

レバレジーズのメリット1.業務委託案件がある

業務委託の案件が多いというのは大きなメリットだと思います。他の派遣会社ではそんな提案はなかったです。

単価があがるようですし、保険はつくかわりに派遣会社で安い金額で働くよりも、金額が大きくなるのはよいですね。

レバレジーズのメリット2.案件が豊富

レバレジーズは案件が豊富です。同時に他社とも契約していますが、他社よりも提案は多いですね。

でも希望通りのものはないかもしれないので、やはり数を打たないと希望には当たらないかもしれないですね^^;

レバレジーズのメリット3.クリエイティブに特化している

クリエイティブ業界、ITに業界に特化しているので、かなり話が通じます。

専門的な知識やスキルの話が具体的で希望や自分の経歴の理解が深く、希望の案件を提案してもらいやすいと思いますよ!

エンジニアの転職にかなり強いようなので、エンジニアの方は登録するのがよいですよ!







まとめ

いかがでしたでしょうか?

レバレジーズはかなり挑戦的で新しいことをしている会社だと思います。案件の数も多く、業務委託などもあるので良いと思います。

個人事業主の方や副業を行っている方など自分で確定申告を行っている方や、業務委託で手取り金額を多くしたい方にはレバテックがおすすめです!保険にお金を入れるよりも投資で増やしたいという方にもおすすめですね!

すごいおしゃれなオフィスを一度みるだけでもよいと思いますよ!こんな空間で働きたいという気持ちがムクムクと起こってきますよw

追記

その後ですが、ポツポツ紹介してもらっています。紹介は営業担当が企業に人材の説明をして、それで企業が興味を示したら面接になるという感じですので結構時間がかかります。

たいていの連絡は、面接してもらった担当者ではなくアシスタントからメールがきます。

面接の準備に関しては詳しく教えてもらえるのでいいですね!例えば以下のような内容です。

面談サポートメール内容例

■商談対策:
【ポイント】
1.〈経歴紹介〉
 アピールできるポイントを絞って3つほど経歴のご説明を頂けると幸いです。
 どんなポジションで何をやったのか端的に説明頂けると印象が良いです。

2.〈先方からの質問内容〉
 経歴説明をされた内容中心にいくつか質問をされます。

■よくある質問事例
・経験のある言語、ツール、FW等のバージョンを教えて下さい。
 L〈質問の背景〉
  今回お任せする案件にマッチするかどうかの確認に加え、
  新しいものへの興味具合や、知識等を確認している事もあります。

・担当していたサービスの規模はどのくらいですか。
 L〈質問の背景〉
  今回携わる案件に比べてどうなのかというのはもちろん、負荷周りの経験を問う質問につなげていきたい背景もあります。
  規模によっては、お任せできる範囲が変わってきますのでできる限り数値でお答え頂きたいです。
 〈解答例〉
  サーバ台数、ユーザ数、アクセス数など

・プロジェクトにおいて担当していたポジションや、業務は何ですか。
 L〈質問の背景〉
  一人で業務を行う所や、チームで業務を行う所など企業によって様々ですが、
  どのくらいの範囲の業務を一人で行えるのかということを確認したいという背景があります。
 〈解答例〉
  メンバー(リーダー、テスターなど)として詳細設計から開発、単体テストまでなど

・得意な業務は何ですか。
 L〈質問の背景〉
  今回の案件でお任せする業務とのシンクロ具合を見ています。
  得意なものと今回やりたい事が違うのであれば、ここでやりたい事も踏まえてご説明頂けた方がいいと思います。
 〈解答例〉
  サーバと連携してデータ処理をすること

そして先日ある社員数2000人ほどの会社を紹介していただきました。営業担当の方が同行してくれたのですが、この方がとても良かったんです!

見るからに優秀な感じの25歳ほどの男性なのですが、どのようなことを面接前に心がけるべきか、どのようなことを聞かれがちか、こういうことを言ったほうがいい、とアドバイスをしてくれます。

また、面接のあとにはとても親身に私のキャリアのことを考えてくれてアドバイスをくれました!

たとえば、「ステップアップするには大きな会社に行ったほうがいいと思います。」とか「事業会社だとこういったことを勉強しておいたほうがいい」とかとても真剣に考えてくれて、なんか感動しました(笑)

他の派遣紹介会社だと、キャリアのことを考えるというより早く決めてほしい、というような勧め方なのでこれは素晴らしいですね!

自分のキャリアをきちんと考えてくれるこのような会社はなかなか稀有でおすすめですよ!

 

当ブログの記事が参考になりましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。ついでにシェアしてもらえると、がぜん書く気がでます(^^)

-キャリア, ビジネス
-, ,