WEBサイト アフィリエイト レンタルサーバー ロリポップ 体験

ロリポップサーバーで独自ドメインサイトを複数運用する方法とデメリット、サイトの数

2017/04/16

Pocket

どうも、ポケモンGoでメタモンが一向にでなくて雑魚ポケモンをひたすら捕獲しているSakemaniaです。

今回は僕がよく使っているロリポップで複数サイトを運用するときの方法とデメリットを書いてみます。

ロリポップ 複数サイト デメリット

ロリポップは複数のドメインが使える

サーバーを自分で借りるとレンタル料金として年に5000円以上はかかります。ロリポップのスタンダードプランだと年間6000円です。

それだけ払うのだからなるべく無駄なく使いたいですよね?

複数のサイトを運用することを考えている人もいると思います。その時に毎回別のサーバーを借りるともったいなくないですか?できれば1つのサーバーで複数のサイトを運用したほうがお得ですよね?

ロリポップのサーバーは1つのサーバーのなかに複数のサイトのデータを入れて運用することができます。僕自身、複数のサイトを運用していますが、ドメインの設定方法やサイトにかかる負荷など、色々調べてみました。

ここでは、ロリポップのサーバーで独自ドメインのサイトを複数運用する方法、複数のサイトを入れたときのデメリット、ひとつのサーバーにいくつサイトを入れられるかなどを解説してみます!

ロリポップで複数の独自ドメインを利用する方法

ロリポップですでにサーバーを利用しているという人が他のサイトも作りたいという場合を想定して説明しますね!

1.ドメインのDNSを設定する

ひとつめのサイトの次にサーバーで運用したいサイトのドメインを取得してください。

取得しましたら、ドメインの管理画面でネームサーバーを変更してください。ロリポップを利用しますので、ドメインの管理画面でネームサーバーの情報を、プライマリネームサーバー=「uns01.lolipop.jp」、セカンダリネームサーバー=「uns02.lolipop.jp」と設定してください。

2.ロリポップのユーザー専用ページにアクセス

ロリポップ サーバー
ロリポップのサイトにアクセスしてユーザー専用ページにログインしてください!

3.独自ドメイン設定ページへ

ロリポップ 独自ドメイン
ユーザー専用ページに入ったら次に左メニュー内の「独自ドメイン」>「独自ドメイン設定」をクリックしてください。

4.独自ドメインを入力する

ロリポップ サーバー
画面中の「独自ドメイン設定」ボタンをクリックしてください。取得しているドメインを「設定する独自ドメイン」の入力枠に入力します。

「公開 (アップロード) フォルダ」というのは、「ここで指定したフォルダ内のデータが http://独自ドメイン/ にアクセスした際に表示されます。」と説明されています。

わかりにくいと思いますので説明すると、複数のサイトをひとつのサーバーに入れるときには、下図のようにそれぞれのデータが混ざらないようにフォルダに入れる必要があります。それぞれのドメインのURLにアクセスしたときに、そのフォルダのなかのデータを参照するということです。

サーバー 上限

5.複数サイトを作る

ここまでの作業で、2つのサイトを1つのサーバーで利用できることになりました。他にサイトを増やしたいときにもこのやり方でどんどん増やしていけます。

2つ目のサイトには簡単インストールでWordpressをインストールしたり、FTPでサイトのデータを入れてください。

すごく簡単な作業じゃないですか?ひとつのサーバーで何個もサイトを運用できたらお金がかからないしお得ですね!

ロリポップサーバーに入れられるサイトの数は?

ロリポップ サーバー スペック
ひとつのサーバーに設定できるドメインの数には制限があります。

設定できる独自ドメインの数は、ライトプランでは50個、スタンダードプランでは100個です。それだけの数のサイトを1つのサーバーに作れるということですが、これだけあれば十分ですよね(笑)。

アフィリエイトやブログで利益を得たい人でも、6000円払うだけで色んなサイトが作れるので収益化しやすいと思いますよ~!



複数サイトをサーバーに入れるデメリット

ロリポップ サーバー データ
ロリポップでは1つのサーバーに何個もサイトを入れられることがわかったと思います。

でも、ひとつのサーバーにサイトを入れると不都合はないの?という疑問が出てくると思います。

もちろんデメリットはあります。それはサーバーのデータ容量を圧迫するということと、回線の転送量を圧迫する、同時アクセスで重くなる、ということです。それぞれのデメリットを説明してみますね。

1.サーバーのデータ容量を圧迫

サーバーをレンタルすると、そのユーザー1人ひとりにはサーバーのデータ容量が割り当てられています。これはどれだけのデータをサーバーに置いていいですよ、というデータの保存量のことです。

たとえばロリポップのスタンダードプランでは120GBです。これがどれだけのデータ量かというと、1GB=1000MBであり、120GB=120000MBです。WordpressのZipファイル一式で8.7 MB、iPhoneの写真は一枚1MB~1.5MBくらいです。Wordpressのサイト一式をひとつ入れたくらいだと全体の0.1%にも満たないのですね。

こう考えると、ロリポップのサーバーではひとつのサイトを作ったくらいではデータ容量がだいぶ余っていることになります。

データ容量は余ってはいますがあまり入れすぎると、運用していくなかでデータが大きくなる可能性もあるので注意が必要です。

2.サーバーの転送量

サーバー 転送量
サーバーにはデータ転送量の上限があります。WEBサイトを表示するとユーザーとサーバーの間の回線を伝ってデータを転送します。この転送できるデータの量に上限があるということなのです。

たとえば、スマホを使っていると、ひと月に使えるデータって7GBとか決められていますよね?それを超えると速度が遅くなったりします。

ロリポップのスタンダードプランだと100GB/日と決められています。すごい数のアクセスがあったり、ページ内のデータ量が多かったりして、1日にユーザーに送ったデータが100GBを超えるとサーバーは制限をかけてサイトを表示しなくなります

たとえばこのブログのページだと85.72キロバイトです。100回見られたとしても85.72KB×100=8572KB=8.572MBです。100GBには程遠いですね^^

でもサイトを複数作るとなるとその分アクセスも増えますので、データ転送量が増えることになります。85.72KBのページが10万PV見られて、同じ規模のサイトが10個同じサーバーに入っているとします。

そうなると85.72KB×100000PV×10個=85.720GBです。誤差も含めると100GBを超えることになるので制限がかかってしまい、非表示にされてしまうでしょう。

3.同時アクセス数

同時アクセス サーバー
レンタルサーバーでは、各社で同時にアクセスできる数の上限が決められています。ロリポップの同時アクセス数の制限人数は公表はされていませんがそこまで多くはないでしょう。

また、サーバーには同時にアクセスがあったときに、サーバーが処理できる限界があります。この処理できる数に影響を与えるのが、サーバーのCPUやメモリです。この処理が追いつかないときにサーバーはサイトを表示できなくなるのですね。

1つのサーバーに複数のサイトを入れると、その分アクセスも増えます。ひとつのサイトで5人しか同時にアクセスしていなかったとしても、他のサイトに1000人がアクセスしていたとしたら恐らくサーバーはダウンします。このように、複数サイトをひとつのサーバーに入れるということは、同時アクセスの面で制限にかかりやすくなるという可能性があります。

ただ、ロリポップのスタンダードプランでは、アクセスの急増が見込まれる時に同時アクセス数を拡張できる機能も利用できます。

サーバーには何個のサイトを入れられる?

ここまで、ロリポップのサーバーに複数のサイトを入れた場合のデメリットを考えてきました。では結局どれくらいの数のサイトを入れるのがよいのでしょうか?1つのサイトが1万PV/1日と考えて計算してみます。(あくまで理論上の想定になるので正しいとは限りません^^;)

上の1で書いたデータ容量で考えると、1つのサイトの運営を続けて1万PV見られるサイトだと多くても1GBもないと思いますが、もし1GBあったとしてもサイトを約100個は作っても問題ないことになります。

サーバーの転送量では、1日に1万PV程度のサイトであれば、1ページ100KBとしても100KB×10000PV×100個=100GBとなりますので、サイトを100個入れるのでぎりぎりという計算になります。

同時アクセス数で考えると、ロリポップの場合同時アクセス300人でサーバーがダウンしたという記事がありましたのでこれを基準に考えてみます。

1万PVだと1分に約2.7人(1万PV÷3600分)がみていることになります。ですので、100サイトを作ったとしたら300人くらいに達して同時アクセスの限界になると考えられます。

サーバーに入れるサイト数は?

ここまで、限界としてサーバーにどれくらいサイトを入れられるかを考えました。もちろん、こんなにサイトを入れるのはおすすめしません。

というのも、ロリポップのスタンダードプランまでのサーバーは「共有サーバー」であり、同じサーバーに他の人のサイトも入っているからです。これにより、他のサイトにアクセスが集中するなど、思わぬことからサーバーに負荷がかかったりすることがあります。

そんなときにサーバーをぎりぎりまで使っているとすべてのサイトが落ちてしまいます。

また自分が運営しているサイトもいつ集客が増えるかもわかりません。同じサーバーに入れるサイトの数は10個以内がよいと思います

いかがでしたでしょうか?ひとつのサーバーに複数のサイトを入れるのは、お得な方法でもありますが入れ過ぎには要注意が必要です!



 

当ブログの記事が参考になりましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。ついでにシェアしてもらえると、がぜん書く気がでます(^^)

-WEBサイト, アフィリエイト, レンタルサーバー, ロリポップ, 体験
-, ,