WEBサイト WEBマーケティング 体験 映画

映画『貞子vs伽倻子』 に学ぶ、若者へのSNSマーケティングとは?

2017/05/28

Pocket

貞子vs伽倻子

映画『貞子vs伽倻子』が最高に楽しかった!

あなたは『リング』や『呪怨』を観たことがありますか?もしあるのでしたら、あの貞子と伽椰子が戦うと聞いてわくわくしませんか?

先日、『貞子vs伽倻子』を観てきました。これが怖くもあり、笑いもあり、ハラハラドキドキがあるとても満足な映画でした。『リング』も『呪怨』も観ていたので普通に怖い映画かな~、という感じで映画館に入りました。そんなに期待はしていなかったんです。ですが、これが大間違いだったのですね(笑)

そもそも、この映画が気になったのは、以前からTwitterやFacebookで友人達がシェアした情報がきっかけです。SNSでは、みんな口をそろえて好評価。そんなにホラー好きだっけ?という人も評価が高いです。そんなにおもしろい映画なのか?なんだかずっと腑に落ちない気持ちで、気になっていたのです。

そこでネットで色々検索してみると、なんだかすごい話題になってるんですね。色んなキャンペーンがあってそれに対してどんどん話題が広がっていわばお祭り状態になってるのです(笑)
確かにホラーファンであれば、あの貞子と伽椰子が戦うということで盛り上がるのはわかります。しかし、ツイートなどを観てみると中学生や高校生など、これまでの『リング』『呪怨』シリーズを観たことないような人が拡散しています。これはどういうことなのでしょうか?

今回は映画評というよりはこの大ヒットの要因となったであろうSNSでの拡散について書いてみようと思います。







大ヒットの裏にはSNSマーケティングがある

『貞子vs伽倻子』は、オープニング2日間で動員14万0581人、興収1億9854万0600円をあげました。また7/2,3の国内映画ランキングでも6位につけるなど、公開後の動員もまずまずのようです。もちろん全国352スクリーンで公開されたということや、テレビでのCMの影響も大きいですが、このヒットの裏にはSNSでのマーケティングの影響が強いとおもわれます。

というのも、他の映画と比べTwitterやInstagramでのフォロワーや投稿数が圧倒的に多いのです。具体的には、貞子のTwitterはツイート16922、フォロワー40704であり、伽倻子のインスタグラムはフォロワーが98,000です。
同時期の映画の『日本で一番悪い奴ら』の場合、ツイート498、フォロワー7029と比べると圧倒的な差があります。また、1つの投稿に対するリツイートやいいね数にも大きな違いがありました。

『貞子vs伽倻子』キャンペーン

キャンペーンを下記に挙げてみます。

■本格的な総選挙・・・

貞子VS伽椰子 総選恐

貞子伽椰子総選挙
貞子vs伽椰子総選挙

ほんとの選挙みたいw

■楽器を弾く・・・

世界一恐ろしいMV イケてるのは、どっちだ!?
貞子伽椰子バンド

演奏うまいしw

■始球式にも・・・

始球式対決 勝ったのは、どっちだ!?
貞子始球式
伽倻子バッター

大きく振りかぶった見事なフォームから、呪いを込めた渾身の魔球を放つ貞子。まさかの豪速球! しかし次の瞬間さらなる「まさか」が! どっしりとした構えから負けじと怨念を乗せ、豪快にフルスイングする伽椰子。果たしてそのバッドは見事にボールを捉え、三遊間を抜けるクリーンヒット!! 貞子が伽椰子に完敗!!!! ビジョンに表示されたスピードガン(球速測定器)の数値は時速96km! つまり貞子はプロ野球選手ばりの速球を投じ、そして、そんな恐ろしい球を伽椰子は打ち返してみせたのだ!

さらに衝撃は続く。すぐさま一塁に走ろうとする伽椰子。しかしわずか数歩でグランドにへたり込んでしまう。そう、彼女は本来、立って歩けないキャラクターなのだ!(うっかり本人も忘れてた!)。しかし次の瞬間、伽椰子の背後から白い影が。それは母親の代わりに一塁へ向かおうと全力疾走する俊雄!! 彼のTシャツには「I ❤️ (LOVE) 伽椰子」の文字。札幌ドームに炸裂する怨霊の親子愛!! そんな俊雄の姿を呆然と見やりながら、敗戦のショックでマウンド上にパタリと倒れこむ貞子。俊雄は一塁を踏むと、すぐに踵を返して母の元へ駆け寄り、親子水入らずで歴史的な大勝利を喜び合う。

映画『貞子vs伽椰子』の始球式が海外で大ウケ 「メジャーリーグに足りないのはコレ!」

俊雄くん優しい^^

■インスタも始める・・・

呪いじゃなくてSNSで対決かよ! 呪怨の伽椰子、インスタはじめました
伽倻子 インスタ

■主題歌が聖飢魔II・・・

人類滅亡確定か? 映画『貞子vs伽椰子』 に悪魔が参戦
貞子伽椰子 音楽

■コップのフチ子にもなる・・・

「貞子vs伽椰子」劇場前売特典に「呪いのフチの貞子」「呪いのフチの伽椰子with俊雄」

伽倻子グッズ
貞子グッズ







映画に対するユーザーの反応は?

若年層を狙ったSNSキャンペーン

ではなぜここまでのフォロワーが獲得できたのでしょうか?
その原因は中学生や高校生の若年層に話題になったからだといえます。というのも「貞子VS伽倻子」を検索すると多くのツイートが中高生のものです。(そのツイートにはたいていプリクラが貼ってある。。プリクラってまだ若い子はやってるんだ。知らなかったw)

キャンペーンを行なう側は若年層を巻き込むことを明確に念頭においていると考えられます。

若年層がハマる要因は色々ありますが、まず、映画の内容。この映画は今までのホラー映画とは異なり、笑える要素や人に伝えたくなる結末など、拡散したくなる作りが満載でした。中二病的な霊媒師と盲目の相棒などはその後のTwitterをみても、イラストにされて人気です。映画の内容自体が若年層にあっているのですね。

次に、キャンペーンの内容です。ホラー映画なのに本当にふざけた内容となっています。
「貞子vs伽倻子 総選挙」や「呪いのフチの貞子」「呪いのフチの伽椰子with俊雄」など、本当にホラー映画のキャンペーン?というような内容です。写真だけでも笑えます(笑)このような、ひと目で興味を引く内容であることと、「ホラーなのに」っていう矛盾が興味をかきたて、話題になったのでしょう。
さらにユーザー参加型であることで、ユーザーが参加し、それがSNS上で伝わり、若年層にもアピ-ルできたのだと思います。

そしてキャストには、Instagramで若年層に圧倒的に支持されており、78万人のフォロワーがいる玉城ティナさんがいます。この方がTwitterで告知をすることで若年層での拡散が加速しています。

また、この映画のSNSでは、いちおうFacebookページもありますが、こちらへはほとんど投稿しておらず、「いいね」は80とかなり少ないです。これはFaebookのユーザーは年齢層が高いことや拡散力においてTwitterやInstagramよりも劣るからでしょう。
このように映画の内容、キャストからキャンペーン、拡散方法にいたるまで若年層を巻き込むための整っているのです。

SNSを上手くつかうことで、若年層を取り込むことができるという良い例なのではないでしょうか?
もし会社でSNSを利用する場合にはこのように話題になる仕掛けが必要なのですね。なかなかできることではないですが、アイデア次第でなにか拡散へのヒントが隠されているかもしれません。

■プレミアム・エディションで発売されてます!私はもちろん買いました(笑)

 

当ブログの記事が参考になりましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。ついでにシェアしてもらえると、がぜん書く気がでます(^^)

-WEBサイト, WEBマーケティング, 体験, 映画