SEO対策 WEBサイト アフィリエイト

ブログでのSEO対策にはコンテンツ量が何より重要?

Pocket

SEO コンテンツ 量

アフィリエイトやブログで稼ぐには?

アフィリエイトやブログで収益を得るためにはWEBサイトを読んでくれる人を集めないといけません。読者が増えることで収益も上がっていきます。

この読者を集めるのに、最も基本的で必須なのが書いた記事をGoogleなどの検索結果のなかで上位に表示することです。広告を出すという方法もありますが、広告には費用がかかります。検索結果で上位に表示できれば費用は無料ですし、そりゃ広告よりも検索順位で上位に表示したほうがいいですよね!







SEOには内部対策、外部対策がある

SEO コンテンツ

検索結果で上位表示するための方法、つまり検索エンジン対策はSEO(サーチエンジンオプティマイゼーションの略)と呼ばれます。

これはGoogleが推奨するWEBサイトの作り方に沿っているかという内部SEO対策と、他のサイトからどれだけどのようなリンクが張られているかやSNSでどれだけ評価を得てリンクを得ているか、というような外部SEO対策が定義されています。

詳しくは以下の記事で解説しているので読んでみてください。

WEB制作会社にいた時にも事業会社にいた時にも、WEBサイトで利益を出す時にはSEOがかなり重要な要素であるということが言われていました。企業のサイトやポータルサイト、ECサイトなどでもSEOによって利益が大きく変わるのです。例えば「ジョブセンス」や「マイナビバイト」「an」などのサービスなどは高度なSEOの技術で戦っています。多くの企業やサービスがSEOで競っているのです。

このように、SEOのテクニックというのはとても大事ではあるのですが自分でブログやサイトを運営してきたなかで、検索結果で上位表示するにはSEOテクニック以外にも重要な要素があるのではないかと思ったので書いてみます。

検索順位が決まる基準とは

SEO コンテンツ 量

では検索順位っていうのはどのような基準で決まるのでしょうか?それを知っておかないと検索順位で上位表示することは難しいのでここで先に解説しておきます。

まず内部SEO、つまり基本的なWEBサイト構造のルールには従わなければなりません。例えばTitle要素はないといけないですし、タグの書き方がおかしいようなものは論外です。ただしWordpressを利用すれば最適化されたWEBサイトを手間なく作ることができます。下の記事で解説をしているのでWordpressを使ったことのない人は読んでみてくださいね^^

Googleは高度なアルゴリズムで検索結果を決めています。あらゆる要素を総合的に判断して検索結果を作っているのです。

以前はPageRankという評価指標があって、それぞれのWEBサイトに点数がつけられていました。その点数はどれだけの期間そのWEBサイト様が運営されているか、どれだけ被リンクをもらっているかなどによって決められていました。

現在はこのようなPageRankはなくなりましたが、同じように内部SEOが出来ているか、被リンクを得るという外部SEOが出来ているかなどを総合的に判断して検索順位が決められています。検索したキーワードが、どれくらい記事内に入っているか、というのも基準とされています。

これらの要素はすべて「ユーザーが求める答えを提供できているか」という判断基準によって決められています。







ユーザーの満足が重要

SEO コンテンツ 人気

ユーザーが求める答えがないとそのブログは上位表示されることは難しいです。

そう考えると内部SEO対策も外部SEO対策の基準というのも納得ではないでしょうか?というのもユーザーが読みにくいようなブログの作り、構成だったり、読み込み時間が遅かったり、表示するべきものが表示されていないような、内部SEOができていないブログはユーザーは不便でしょう。またユーザーがそのブログで問題が解決できた、参考になったと考えればリンクを貼ったりSNSで紹介するはずです。

このようにユーザーの求める回答を提供することが、検索順位の上位表示には重要であるということはわかっていただけたと思います。

コンテンツの量が大事

そして「ユーザーの満足」すなわち検索順位の上位表示に必要な要素としては、内部SEO対策や外部SEO対策以外にも「コンテンツの量」というものがあります。

「コンテンツの量」とはどういうことかというと、そのブログのなかにどれだけの記事数があって、ひとつの記事のなかにはどれだけのコンテンツ量があるか、ということです。このコンテンツ量がとても重要なポイントとなるのです。

私はこれを自分のブログを続けるなかで感じました。この私の体験からコンテンツの量がいかに上位表示に影響したかを書いてみますね。

ブログ開設当初はもちろんまったく訪問者がいませんでした。だれも読んでない状態です。寂しいですね~w

ただそれが30記事ほど書いたくらいの頃からでしょうか。徐々にPVが増えてきました。正直なところキーワード選びがたまたまうまくいったのだと思いました。たしかにたまたま競合の少ないキーワードを選んだということもあります。

ですが100記事くらいを公開した頃からでしょうか。以前に書いていた記事も徐々に順位が上がってくる状態になってきました。これは訪問元となっている記事を見ていると顕著で、それまではだれもその記事を検索してブログを訪れなかったのが、徐々にその記事をきっかけにブログを訪問するようになったのです。これは、以前は検索結果で下位のほうにいた記事の順位が徐々に上がってきたことを意味します。

そしてちょくちょく特定のキーワードで上位に表示する記事も出てきました。例えば下記の記事です。

この記事は「リゾネット」で5位くらい、「リゾネット ねずみ講」などのキーワードでは1位になっています。当初は「リゾネット」では18位程度の順位だったのですがだんだん上位に表示してきて、それによってブログに訪れる人が増えてきました。その後も記事を書き続けるなかで、記事数が増えれば増えるほどあるキーワードで上位に表示する確率が上がってきました。

内容が薄いのに現在よく検索上位に表示されている「Naverまとめ」や「Yahoo知恵袋」など、コンテンツの保有量が多いブログが検索の上位に表示されていることを見るとコンテンツの量が検索順位に影響を与えているのは間違いないのではないでしょうか。まずはコンテンツを増やすことが何よりも大事だと思います。

そして各記事に関していうと、文字数の少ない記事よりも文字数の多い記事のほうが検索順位で上位表示ができていました。これはもちろんユーザーの求める答えには、短い文章よりも長い文章のほうが伝わるからでしょう。記事は文字数の少ないものではなく、しっかりと文章量の多い中身の濃い記事を作っていかなければいけないのです。







どれだけ読者のことを考えられるか

SEO コンテンツ 量

ここまではコンテンツの量が重要という話をしてきました。とにかくコンテンツが少ないと読者は得るものが少ないし楽しめません。コンテンツはしっかりと準備しましょう。

ですがコンテンツの数や文章量ばかり考えてもやはりよくありません。ほかにも重要な要素があるのです。それは「コンテンツの中身」です。

ちまたでは「100記事以上書け!」とか「とにかく文章量は多く」というようなことが言われています。これはコンテンツが少ないと顧客満足が与えられないという点から正しいです。ただ顧客満足を与えるためにはコンテンツの中身にこだわりが必要なのです。

まず記事は完全にオリジナルでなければなりません。コピーなどは論外で、どこかに同じようなことが書いてあるようなものは極力避けましょう。似たような記事があるブログはわざわざそのブログを読む必要はなく、ほかのブログを見ればいいからです。

あと自分の体験を書くのもおすすめです。私のブログの人気記事ランキングには私自身が経験した体験を書いたものが上位によく入ります。人は他者の体験や口コミを知りたがるものです。これは「食べログ」や「Retty」を使ったときのことを思い出すとわかりますよね?

自分のオリジナルの体験によって読者はその体験を追体験することができます。それはあなたにしか書けない、そこにしかないコンテンツなのです。これらによってユーザーを増やしていくのがブログでは必要だといえるのです。

ブログやアフィリエイトではコンテンツの量、コンテンツの中身が何より大事だとわかっていただけたでしょうか?私自身まだまだブログでのマーケティングや収益化っていうのはできていませんが、今後もわかったことがシェアしていきます!

 

当ブログの記事が参考になりましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。ついでにシェアしてもらえると、がぜん書く気がでます(^^)

-SEO対策, WEBサイト, アフィリエイト
-,