SEO対策 WEBサイト WEBマーケティング

コンテンツSEOできてる?

2017/05/28

Pocket

コンテンツSEO WEB
現在はホームページにおいて、とにかく良質なコンテンツを、多くのボリュームで届けるというコンテンツSEOをおこなうことが常識になっています。今までこの事実を知らずにホームページをとりあえず作るだけの会社や、他の楽なSEO対策法を選んできた会社も、もう良質なコンテンツの作成から逃げることはできなくなっています。

というのも、Googleはそもそも良質なコンテンツがなければ評価されないようにルール作りをしているからです。それを知らずに、そもそも役に立たないコンテンツで集客をしよう、検索順位をあげようとしても無理なのです。

今回は、SEOを考える上で必須になっている、コンテンツSEOについて解説します。







コンテンツSEOとは?

まず、コンテンツSEOという概念をはじめから説明します。初心者の方はコンテンツSEOと言われてもわからないと思いますので言葉の解説からはじめます。

コンテンツの意味

WEB業界においては「コンテンツ」というのは日常的にあたりまえに使われています。辞書的な意味としては以下です。

コンテンツとは、中身、内容(物)、容量、項目、意味、満足させる、満足(感)、充足(感)などの意味を持つ英単語。

ITの分野では、媒体(メディア)によって記録・伝送される、人間にとって意味のあるひとまとまりの情報のことをコンテンツと呼ぶことが多い。文字、図形、音声、画像、動画やそれらの組み合わせで、特に、これらをデジタルデータとして一定の形式で表現・記録した「デジタルコンテンツ」のことを略してコンテンツという場合が多い。

引用:IT用語辞典 e-Words

「人間にとって意味のあるひとまとまりの情報」がコンテンツなのですね。これはホームページでいうと、ホームページの中身、つまりページそれぞれの内容のことです。

SEOの意味

SEOとは、「検索エンジン最適化」という意味です。

SEOとは、サーチエンジンの検索結果のページの表示順の上位に自らのWebサイトが表示されるように工夫すること。また、そのための技術やサービス。Webサイト構築などを手がける事業者の中には、SEOをメニューに用意しているところもある。

サーチエンジンは登録されているWebページをキーワードに応じて表示するが、その際の表示順位はそれぞれのサーチエンジンが独自の方式に則って決定している。この順位が上にある方が検索エンジン利用者の目につきやすく、訪問者も増えるため、企業などでは検索順位を上げるために様々な試みを行う場合がある。その様々な技術や手法を総称してSEOという。

引用:IT用語辞典 e-Words

Googleの検索エンジンは、ホームページを巡回してこのWEBサイトは何のサイトでどれくらいのページ数を持っており、価値のあるサイトなのかどうか、を判断しています。その検索エンジンに評価されるために最適化を行なうのが「検索エンジン最適化」、つまり「SEO」なのですね。

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEO
つまり「コンテンツSEO」とは、「コンテンツ」つまり「ページの内容」を最適化して、「SEO」つまり「検索エンジンに評価される」方策のことです。

どのようなコンテンツが必要?

コンテンツSEOにはどのようなコンテンツが必要なのでしょうか?

GoogleのWEBサイトに対する考え方は以下です。

検索ユーザーが素晴らしいサイトを見つけて情報を得る、その手助けのためにGoogleは多くの検索アルゴリズム変更を行っています。私たちはまた、検索アルゴリズムだけの為でなく、ユーザーの為に優れたサイトを作っている方々の努力が、きちんと報われてほしいと考えています。

引用:Googleウェブマスター向け公式ブログ

ここからどのようなコンテンツを作ればいいかがわかってきます。つまり、検索するユーザーの役に立つコンテンツが重要なのです。実際に自分の調べたいことを検索すると、自分の求めている情報が解説されているサイトがかなりの確率で出るはずです。Googleの検索エンジンは、このレベルまでサイトを表示できるようになっているのです。これを活用しない手は無いですね。







ユーザーの役に立つコンテンツとは?

Googleがユーザーの役に立つコンテンツを評価することはわかりました。では、ユーザーの役に立つコンテンツとはなんなのでしょうか?それには、以下を考える必要があります。

検索ユーザーのニーズを考えているか?

Googleはユーザーの役に立つコンテンツを提供するサイトを評価すると書きました。ユーザーに役に立つためには、ユーザーがどんな情報を求めているかを考えなくてはなりません。ユーザーがあるキーワードで検索した時に、求める情報と違うページを表示してはユーザーの役に立たないからです。

例えば、痩せたいと考えて検索をしたユーザーがいるとします。そのユーザーが求めているコンテンツとしては、痩せるための運動法や食事ダイエットの方法など、痩せるためのあらゆる情報でしょう。このユーザーに向けてコンテンツを作るのに、ジムの一覧や芸能人が痩せた情報を提供してもそれはユーザーが求めている情報ではありませんよね。ユーザーが何を求めているかを考えてコンテンツを作ることが必須なのです。

コンテンツは必要十分になっているか?

役に立つコンテンツとは、ユーザーの求めるものに十分応えないといけません。そのためには色んな情報やノウハウが入っており、必要なら口コミ情報や店舗の情報、あらゆる視点からの考察が入っていなければならないはずです。ただ1つの情報だけでは、ユーザーは足りない情報をほかのサイトで調べなくてはなりません。そのように他のサイトを調べなくてはならないのは面倒ですし、信用もできませんよね。

そのためには、必然的に1ページに入る情報量は多くなります。ユーザーの問いに応える、これぞ完全版というレベルのものを作らなくてはならないのです。

キーワードは適正か?

キーワードも重要です。ユーザーが検索するキーワードと同じ言葉を使わないでページを作ったとします。その場合、ユーザーには情報は届かず、検索ユーザーは異なるキーワードで調べなくてはなりません。検索ユーザーが検索した言葉と同じ言葉を多く使ってコンテンツを作る必要があるのです。

また、検索語と関連するキーワードも多く含まれなくてはなりません。

さあユーザーの求める情報を書こう!

ここまで見てきたように、コンテンツSEOにはユーザーの役に立つコンテンツを作ることがとても大事だということがわかっていただけましたでしょうか?そのためには、ユーザーのニーズをしっかりと考え、必要十分な情報を提供し、キーワードを充実させることが必須ということでした。

これにはとても手間がかかりますし、コツコツと続けるのは大変かもしれません。ですが、苦しくても上の点をしっかりと行っていけば必ず成果がでます。ネットを検索するとコンテンツSEOの成功例で溢れています。その成功例のひとつになるためにコンテンツSEOへの取り組みを進めていきましょう!

 

当ブログの記事が参考になりましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。ついでにシェアしてもらえると、がぜん書く気がでます(^^)

-SEO対策, WEBサイト, WEBマーケティング