キャリア ビジネス

サラリーマンの副業はメリットだらけ!

2017/05/28

Pocket

副業のすすめ
日本の不景気に伴い将来への不安からか、サラリーマンでも本業以外にプライベートで収入を得ている人が増えています。いわゆる副業ですね。シンクタンクのMDD研究所が2015年にビジネスパーソン・サラリーマン7724人に調査をしたところ、「14%が副業をしている」という答えだったそうです。

企業は副業を禁止していたり、副業というとマイナスなイメージがあるように思います。しかし、副業にはとても大きなメリットがあるのです。

私はサラリーマンのときから副業を行っていました。具体的な内容としては、WEBサイト制作やコンサルティング、集客支援などの内容です。この経験から得られるものがとても多かったので、今回は副業のメリットとサラリーマンこそ副業をしたほうがいいということを書いていきます。







大手企業で副業を認める流れ

先日このようなニュースがありました。

『大企業でも「副業」が当り前の時代? 安定神話が崩壊、スキル磨いてリスク分散』

これによると、

大手企業の間でも社員の副業を認める動きが広まっている。

大手製薬会社、ロート製薬は今年2月、社員に副業(兼業)を認める制度「社外チャレンジワーク」を設けた。応募の結果、約60人の社員に副業を認め、勤務時間外にドラッグストアで薬剤師として働いたり、地ビール製造の会社を起業したりしているという。

ということだそうです。この記事では、

通訳や製品PRなど企業からのアウトソーシング(外部業務委託)の依頼をエアソルが取りまとめて、登録している外資系航空会社に勤務する客室乗務員たちに割り振る。

という業務を行なう副業支援会社「AirSol(エアソル)」という企業を副業から設立したという例が紹介されています。

また、日産、富士通、花王など、大手企業も以前から副業を認めているようです。このように、大手企業が副業を認める理由とは何なのでしょうか?

副業を認める理由とは?

大手企業が副業を認める流れになってきている理由は何なのでしょうか?

その理由は優秀な人材を確保することだと考えられます。副業の依頼がなぜ来るかというとその人材が優秀だからですよね。サラリーマンをやりながらでも優れた人材には仕事が集まります。しかし、仕事の依頼は来るがその仕事をうけられないとなると、優秀な人材は他の会社に行くか、起業するか、ということになるのです。

副業禁止というのはそもそも企業が、社員に副業をされて起業されるのを防ぐ意味合いもあったのだと思います。しかし、それが逆効果な時代になったのです。副業を認めることで成果を出している企業といえば、やはりリクルートでしょう。会社の仕事をしながら、自分で会社を興し、事業をこなしている社員も多いですし、会社が独立を支援する体制も整っています。以前とは全く逆の方法のほうが成果がでているのですね。

このような理由で、大手企業が副業を認める流れになってきているのです。

副業のメリット

1.報酬が得られる

副業の報酬
副業はサラリーマン個人にもメリットがあります。まずは収入です。副業では個人で仕事を請け負うため、会社からもらう決まった金額の給与ではなく、成果に値する報酬をえることができます。案件によってはかなりの金額をもらえる可能性もあります。

経済の先行きが見えない不確実な時代において収入が会社からしか得られないというのは、将来的にも大きな不安だと思います。ですから、副業でキッシュポイントを増やしておくことが重要です。

2.スキルアップができる

副業のスキルアップ
副業は会社の仕事以外の時間に行なうので、プライベートでも仕事に関わる時間が増えます。一定の成果を上げるには1000時間、超一流になるには10000時間かかるといわれるように、実力をつけるにはその仕事に打ち込んだ時間が必要です。副業をすることによって最短で実力をつけることができるのです。

また、WEBの仕事に関していえば、ディレクションもデザインもコーディングも行なう場合などもあります。それによって幅広いスキルと経験が得られるのです。

今後副業解禁の流れは進み、サラリーマンでも会社から与えられる仕事しかできない人材は力がないと評価されることになっていくでしょう。そのときに備えてしっかりとスキルをつけておくことが重要です。

3.人脈が広がる

副業による人脈
これは私の経験ですが、副業で成果を出していると、サラリーマンをやっているだけでは得られない人脈がどんどん広がっていきます。仕事の依頼人の満足と信頼を得られれば、同様の問題で悩む方を紹介してもらえます。経営者の方の場合などは経営者同士のつながりがありますので、どんどん経営者と知り合うことができます。

仕事が来る→成果を出す→依頼人を紹介してもらえる→仕事が来る

このような好循環が生まれるのです。しかし、ここで注意が必要なのはしっかりと成果が出せる実力がないと、紹介も依頼もないということです。この好循環を作るためには、本業をしっかりとやることと日々学習を続けることしかないのです。







中小企業こそ副業を認めるべき

このように副業には大きなメリットがあります。しかし、私は経験からわかりましたが、中小企業は副業を認めていないところが多いです。これはやはり人材の流出を防ぐためというのが理由だと思います。しかし、中小企業こそ副業を認めるべきなのです。

中小企業では、大手にいくような優秀な人材はあまりいません。ですので、会社に入ったあとに育てなければいけないですが、その体制が整っていない会社が多いように思います。

副業することでスキルアップできるという話は前述の通りです。会社が一々育てなくても、副業することで社員は育つのです。副業で成果を上げるために本業でもスキルアップをしなくてはならないし、そのスキルアップによって会社にも利益が生まれるのです。

また、社員の意識が変わるということもいえます。というのは、自分で仕事をとってその仕事を成功させなくてはならない、ということは与えられた仕事だけをやればいい、という会社の仕事とは異なります。あらゆる方法を自分で考えなければいけないので、プロ意識というものが身につくことになるでしょう。仕事に対してのプロ意識というものが身につけば、本業でも同じようにプロ意識を持ち続けることになるはずです。

このように、中小企業にも大きな利益があるので、副業を認めるべきなのです。

おすすめの副業

では、副業にはどんなものがあるのでしょうか?サラリーマンでも簡単に始められるWEBを使った副業を紹介します。もしかしたら、あなたに合ったものが何かあるかもしれませんので検討してみてくださいね!

1.クラウドサービスを利用

「クラウドワークス」や「ランサーズ」など、クラウドソーシングサービスには色んな仕事のアウトソーシング案件があります。WEBデザインの能力があればサイト制作や更新作業がありますし、デザインができなくても文章を書く仕事やサービス名を考えたりする仕事など幅広い仕事があります。

1つあたりの単価は安いので大きく稼ぐことはできませんが、お小遣い程度の収入は得られる可能性があります。

おすすめのクラウドソーシングサービス

クラウドワークス

記事特化型のサグーワークス

お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSy

お手軽ネットバイト!簡単に副業出来るライティングサービス【REPO】

ウェブ担当者を見つけるクラウドソーシング【チームワーカーズ】

2.アフィリエイト

アフィリエイトとは、ブログやWEBサイトで商品やサービスを紹介し、そのリンク経由で商品を購入されると収入が得られるものです。ただし、アフィリエイトにはホームページを作らなければならないし、多くの記事数を作らなければいけなかったり、SEOの知識が必要だったり、人の興味を引ける魅力的な文章を書くためのスキルが必要だったりします。

コツコツとやれば結果の出る方法なので、時間のない方にもおすすめです。

無料ドメインブログはダメ!WordPressブログをおすすめする理由」でブログをどうやって作るかを紹介していますので参考にしてください!

3.せどり

せどりとは、店舗の処分品や値付けが甘い商品を安く仕入れて、アマゾンなどのECサイトで高く売るビジネスの事です。音楽のチケットなども含まれることもあるようです。例えばドンキホーテやGEOなどで安く買った商品を高く売ったりしている人なども多いようです。

これはサラリーマンのような個人でも簡単に始められる副業です。稼げないように思われるかもしれませんが、月に100万円を得ている人もいるようです。

4.投資

株式やFXなども個人が行いやすい副業です。会社の株式を購入し、上がったところで売ったり、為替差で稼いだりすることです。ただし、専門的な経済の知識がないと損をしてしまう可能性があるので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?サラリーマンでも副業をしたほうがいいということがわかっていただけたでしょうか?

副業をうまくつかえば現在の収入を2倍にすることも可能です!時代に取り残されず、スキルも上がってお金も得られるなんて最高ですよね!すぐにはじめてみてはいかがでしょうか?

 

当ブログの記事が参考になりましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。ついでにシェアしてもらえると、がぜん書く気がでます(^^)

-キャリア, ビジネス
-,