WEBサイト WEBディレクション キャリア ビジネス

WEBマスターになる方法は?スキルは?

2017/06/07

Pocket

WEBマスター
私は以前企業のなかでホームページの制作・運用やWEBマーケティング、ディレクションを担当していました。このようなポジションをWEBマスターと呼びます。これまで私が企業でWEBマスターとして働いた際に、スキルが足りない状態でこの職種を志望している人が多いと感じましたので、ここで、必要なスキルとWEBマスターになるまでのステップを紹介しようと思います。企業の方でしたら、WEBマスターを採用する場合は下記のスキルや経験がある人材を採用するのがよいと思います。







WEBマスターとは?

そもそもWEBマスターとはどのような職種なのでしょうか?

ウェブマスターとは、Webサイトの管理者。サイト規模の大小を問わず用いられる用語で、個人サイトではその人がウェブマスターとなり、大規模な企業サイトなどではWebサイトを統括する人間がウェブマスターとして業務にあたる。ウェブマスターの仕事は明確には決められていないが、一般的にはサイト構築や管理、大規模な場合にはそれらを遂行する人たちの管理などが含まれる。Webサイトに関して対外的な窓口としての役割も重要な仕事の一つである。

(参照:http://e-words.jp/w/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC.html

上記がWEBのマスターと呼ばれているのですね。

WEBマスターに必要なスキル

では、このような職種につくのに必要なスキルはなんでしょうか?私の体験から中小企業のWEBマスターレベルで必要なスキル・知識を挙げていきます。

1.ホームページ制作のスキル

まず、WEBマスターはホームページの修正やページの追加をしなくてはなりません。つまり、WEBデザインやHTML、CSSのスキルですね。このスキルは、知っている程度ではもちろんだめでホームページをイチから作れる、何個もホームページを作ったことがあるというスキルがなくてはなりません。

また、自分が手を動かさないとしても指示を出さなくてはなりません。その場合に、制作の知識がないとちゃんとした指示が出せないことになります。

2.ライティングスキル

企業のWEBマスターは、自社のホームページの文言も作らなくてはなりません。つまり、顧客に関心を持ってもらえる言葉、顧客に刺さる言葉を書けなくてはなりません。そのためには、ライティングスキルが必要なのです。そしてライティングを行なうには、自社商品の深い理解が必要となります。

3.ドキュメント作成スキル

WEBマスターは企画書から集計用のエクセル、報告書など、多岐にわたる資料を作成しなくてはなりません。WordやExcel、PowerPointを使う場面もよくあります。解析データなどもを作れなければなりませんので関数なども使えるとよいですね。

4.SEOの知識

企業でWEBの担当者になるということは、ホームページで売上を作ることが仕事ということです。そのためにはSEOの知識が必須です。長期的に見てホームページで売上を作るということは、検索からホームページに訪問してもらわないとならないからです。ホームページへの集客には色々方法はありますが、広告をかけない場合SEOで集客が必要です。なにかを修正する、というときでもSEO的な観点からの判断が必要なのです。

この知識というのは、もちろん本を読むことも必要ですが、自分でSEO対策をした経験が必要です。というのも、SEOの知識やスキルは本に書いていることをやればいいだけではないからです。自分で試行錯誤しながら、効果のある方法を見つけ出したノウハウが必要です。

5.リスティング広告の知識

リスティング広告は非常に強力な広告手法です。

自社でリスティングを行っていない場合は必要ありませんが、自社で行っている場合は必要なスキルです。現在のリスティング広告は管理画面が複雑になっており、理解している人でなければ最大限の効果を出すことは難しいです。

また、キーワードの選定などは経験則的な部分もありますので、しっかりとした知識と経験が必要になります。

6.マーケティングの知識

自社の商品を売ろうという場合、企画や戦略を考えなくてはなりません。企画や戦略などの上流工程の業務では、マーケティング理論の全体像を把握していることが不可欠です。これがないと誰にどのような手段で売ればよいかがわからないからです。ですので、WEBマスターはマーケティングの知識が必須です。

マーケティング・ビジネス実務検定、ネットマーケティング検定などの資格もありますので、こういったものを取得するのもよいかもしれませんね。

6.GoogleAnalyticsのスキル

自社のホームページというのは作って終わりではもちろんなくて、改善をしていかなくてはなりません。その際に役立つのがGoogleAnalyticsです。GoogleAnalyticsはホームページのあらゆる情報を提供してくれます。ユーザーが何のキーワードでホームページに来て、何分滞在して、どのページを見たか、などです。このような情報を分析するにはGoogleAnalyticsを使いこなせなくてはなりません。また、そのデータを解析する統計学的なスキルも必要です。この分析結果をもとにPDCA(Plan、Do、Check、Act)を回していくのです。

7.ディレクションスキル

小規模の会社の場合、自社のWEBマスターが一人かもしれませんが、ある程度の規模だと複数人で管理することになると思います。その時に、制作や分析・データ収集などを協力して行わなければなりません。その時に、必要になるのがディレクションスキルです。要件定義、ワイヤー作成、スケジュール作成、進捗管理など細かなディレクションが高いレベルで出来ないとプロジェクトはつまずくことになるでしょう。

また、外部の業者とのやり取りもWEBマスターの仕事になります。そのディレクションも円滑に行なうディレクションスキルが必要です。

8.コミュニケーションスキル

前述したとおり、複数人でプロジェクトを行なう場合、コミュニケーション力が必要になってきます。デザイナーやプログラマーの協力が必要となるときもあるでしょう。その時にはうまくチームで動くためのコミュニケーションスキルが必要です。

また、社長や上長に企画や改善案を提案したり、ホームページの報告をする場合にもコミュニケーションスキルは必要となってきます。

9.リサーチ・情報収集スキル

自社のWEBマスターといっても、移り変わりや進歩の早いホームページを扱うことになります。新しい技術や広告手法がどんどん出てきますので、情報収集は欠かせません。WEB業界向けのニュースサイトなどをチェックするとよいと思います。また、マーケティングや経営に関しても知識を深めていかなくてはなりませんので、常に情報収集が必要です。

また、競合のホームページなどをリサーチして、自社のホームページに活かすことが必要となりますので、リサーチ力も必要となってきます。







WEBマスターへのキャリアプラン

では、このようなスキルの求められるWEBマスターになるにはどのようにすればいいのでしょうか?業界的にはやはり、WEBの技術を学んだ人がステップアップとしてこの職種を選ぶことが多いようです。流れとしては下記のようなイメージでしょうか?

WEBデザイナー・コーダー→WEBディレクター→WEBマスター

WEBデザイナー・コーダー→WEBマスター

プログラマー→WEBマスター

ECサイト運用→→WEBマスター

なんにせよ、たゆまぬ努力をしていけば、自ずとあらゆる知識が深まり、WEBマスターになれるのだと思います。これからWEBマスターを志す人に参考にしていただければ幸いです。

WEBマスターは今後求められる?

大手企業やある程度の規模の会社だと、自社のWEB担当者の部門を作っている会社は多いです。しかし、中小企業ではまだまだというところでしょう。しかし、スマートフォンが多くの人に普及し、SNSもこれだけ浸透した現代では、企業のWEB活用が進んで行くと思います。それによりWEB担当者・WEBマスターを需要は高まっていくのではないでしょうか?

宣伝会議グループ「広告・Web・マスコミの転職はマスメディアン」

 

当ブログの記事が参考になりましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。ついでにシェアしてもらえると、がぜん書く気がでます(^^)

-WEBサイト, WEBディレクション, キャリア, ビジネス